CEO津田てどんな人? 投資家の方々に津田の人物像を聞いてきました
CEO津田てどんな人? 投資家の方々に津田の人物像を聞いてきました

CEO津田てどんな人? 投資家の方々に津田の人物像を聞いてきました

こんにちは!人事のマティです👍

もう10月ですよ。今年も終わっちゃいますよ。やばいやばい(毎年言っている

今回は、私のプチ悩みを解消したい!という想いから企画しました。

プチ悩みは…候補者の方から「CEOの津田さんってどんな人ですか?」とよく聞かれるのですが、どうしてもポジショントークっぽくなってしまうことです笑

正直、社員二人目として入った私としては、Resilireを選ぶ際、「事業の種」「代表」しかなかったので、この2つは信じきれていないと今ここにいないのですよね笑 ただもう少し客観的な視点も加えてお伝えしたいな〜という考えから今回は投資家の方々にインタビューさせてもらうことにしました!

投資家目線で津田がどんな人物に映っているのか、4名の投資家の方々にお話を聞いてきました。

※今回は津田と出会った順に掲載しています

木暮 圭佑さん / mint

image
📖
プロフィール

2013年早稲田大学国際教養学部入学。 大学在学中にEast Venturesにてフルタイムで勤務。 ファンド運営の業務を学ぶと共に、ゴミ捨てから始まり、創業からM&Aまでを支援。 2015年にTLM1号、2018年にTLM2号ファンドを組成。 2021年mintを設立、ジェネラル・パートナーに就任。

木暮さんは、Resilireに初めて出資いただき、津田との関わりが一番長い方です。津田の変化量を一番知っている木暮さんに詳しくお話を聞いてきました。

インタビュー内容

木暮さんのことは津田からよく聞いていましたが、ようやくお会いできました! 本日はよろしくお願いします。早速ですが、代表津田と初めて接点を持たれたのはいつ頃でしょうか?

木暮: よろしくお願いします!初めてお会いしたのが、2019年頃。その後、半年後にお会いし、出資を決めてから4年くらいのお付き合いになります。

かなり長いですね。当時の津田の印象を教えてください

木暮: 第一印象は、本当に真面目そう、という印象でした。話し方は淡々としていますが、熱量がとにかく高かった。当時は、被災した原体験から被災時のボランティアのマッチングサービスでした。正直、事業として成り立つかは不安でしたね。

木暮さんはResilireに初めて出資を決めていただいたと思うのですが、なぜ不安がありながら出資いただけたのでしょうか?

木暮: 最初はお断りしましたが、半年後にもう一度お会いし、その時に出資を決めました。再度、お会いするとtoCサービスからtoBサービスに変わり、テーマも災害×AIというテーマを軸としていて、「これはいいじゃん!」と思いました。

どのあたりが良いと感じられたのでしょうか?

木暮: 津田さんは、災害というテーマから逃げない人だと感じました。自身の原体験があり、半年経ったタイミングでも形を変えつつもテーマはぶれていなかった。加えて、成長速度も速いと感じました。半年前のFBを取り入れ、しっかり形にされていました。

当時の印象から変わったところはありますか?

木暮: 大人になりましたね。言えない失敗もたくさんしていますが、それらを経験して大きく 成長していると感じます。学生起業家ということもあり、良くも悪くもしっかりと落とし穴に落ちてきている印象です。笑 ただ彼の特徴は、落ちても戻ってくるんですよね。そして一回失敗したことは二度失敗しないというのも彼の特徴です。

数々の失敗から成長をしてきていると思いますが、特にどのような点に変化を感じますか?

木暮: 特に巻き込み力が大きく成長していると感じます。正直、最初はそこまでの印象は持てていなかったですし、組織面での失敗もあったと思います。最近では、実際にエンタープライズのお客さんや優秀なメンバーを巻き込めるようになってきていることから大きな変化を感じますね。

彼の巻き込み方も「俺について来い」というタイプよりは、フォロワーシップで自分が出来ないことをオープンに伝え、出来る人に任せていくという形で、上手く周りを巻き込み、結果的に良い採用につながっていると感じています。

そこは実際に社内にいても感じますね。信じた人には、とことん信じて渡すというのが彼の良さの一つだなと思います。最後に今後、津田に期待したいことはありますか?

木暮: 津田さんの成長速度には今後も期待したいです。

成長自体はするとは思いますが、それがどれくらいの速度・角度で成長できるのかは、津田さんや今後の経営を担うメンバーがどれだけ成長できるか次第だと思います。組織としては、確実に良くなってきているので、代表の成長が最短で最大の結果を出せると良いなと思っています。

あとは良くも悪くも津田さんはカリスマに絶対なり得ないタイプだと思っています。笑 先ほどお伝えしたように自らがスポットライトに当たるのではなく、フォロワーシップで周りに託していくタイプ。彼と1~2時間腹を割って話すと彼のキャラクターが理解できると思いますし、チャーミングさも伝わると思います。このチャーミングさが人を惹きつけているところもあると感じています。今後、会社が成長していく中で、より人を惹きつけるような人になってくれることを期待しています。

津田やメンバー含め、成長速度を意識して取り組んでいこうと思います。本日はお忙しい中、   ありがとうございました。

北原 宏和さん / Archetype Ventures

image
📖
プロフィール

東京大学法学部、Carnegie Mellon University Heinz College of Public Management, University of Southern California Gould School of Law卒業。 総務省にて地域活性化、Boston Consulting Groupにて情報通信、金融、製造など 幅広い業種での中期経営計画策定、新規事業開発プロジェクト経験を経て、Archetype Venturesに参画。

北原さんが自ら出資をすることを決めた初めての会社がResilire。BCG、総務省とあらゆる視点でマーケットを見られてきた北原さんに津田のキャラクターと今後の期待について詳しくお話を聞いてきました。

インタビュー内容

本日はよろしくお願いします。これまで北原さんとは何度かお話しする機会がありましたが、津田との出会いは聞いたことがなかったですね。実際に接点を持たれたのはいつ頃でしょうか?

北原: 2021年の初夏です。社内に投資検討企業の一つとして情報が流れてきましたが、リスク対応というお金を出しづらい領域で、サプライチェーンという重い課題を扱うには20代前半という若さではしんどいという第一印象で、スルーしました。

ただ弊社GPの福井が一度話を聞いてみたところ、「意外と面白かった。見てもらえないか?」となり、まだコロナ禍ではありましたが、一緒に話を聞きにいくことになりました。当時、オフィス兼自宅に猫と住んでいて、プレゼン中にデスクの上を猫が歩き回っていましたね。笑

当時の津田の印象はどうでした?

北原: 津田さんが面白かったですね。理路整然としているけれど、組織作りを失敗していたり、強み・弱みがはっきりしているので、補い合えれば良い関係になりそうだと思いました。受け答えをする中で、わからないことをわからないと言える誠実さもよかったです。 あとは良い意味で人を惹きつけられそうだな、と感じました。それはチームにもお客さんにもどちらに対しても言えることだと思います。この領域はお客さんがシニアな方が多いので、好かれるとしたら2パターンだと考えていて、「とにかく業界に詳しいタイプ」「そうではないが応援したいと思わせるパワーがあるタイプ」があると思います。津田さんは、まさに後者に当てはまると感じました。

それは社内でも感じます。お客さんが津田のことを応援してくださっているシーンを何度も見てきました。これは北原さんから見て、津田の何がそうさせているとお考えですか? 北原: 良い意味でIT起業家っぽくないところだと思います。淡々と事に向き合う部分や人が繋がりが重要なことを理解した上で人に向き合っていることだと思います。 先日の外部の方を招待した社内イベントでも代表自ら率先してゴミの片付けをしていましたが、自然と出る行動が意外にみんな見ていたりすると思っています。 おそらくこのサプライチェーンという重いテーマや若い起業家かつIT起業家っぽくない彼の人柄などが全てセットになって、このパワーを生み出していると感じますね。

当初出会ってから2年ほど経っていますが、当時から変わったところ・変わっていないところはありますか?

北原: 先に変わっていない点からお話すると、当時から軸がぶれていない。また、大企業の契約が取れたり、チームが大きくなったりしても変わらず謙虚で、勘違いすることがない。そこは良い意味で変わっていない点だと感じます。

あとはお金に対するスタンスも変わらないですね。投資すべき場所にしっかり投資し、無駄遣いをしないのも起業家として信頼できて好きです。コストを絞るところ、投資すべきところを見定めて、お金の使い所を考えられる点は変わらない点としてありますね。     変わったところについては、見えていなかっただけかもしれないですが、株主を上手く使えているなと感じます。距離感が絶妙で、誰か特定の人に近づきすぎず、離れすぎず、一定の距離感を保ちながら関わりを持っています。きっと津田さんの中で、誰に何を頼るかが明確にあって、適切に頼ることができているように感じます。

たしかに彼の中では、誰になにを頼るかがマッピングされていて、要所要所で適切な人に相談している印象があります。 最後にResilireや津田に対して、今後に期待したいことはありますか?

北原: 今は多くの大手企業にも導入いただき、繋がった企業の皆さんに信頼してもらえる状況を作れてきており、成功するとは思っています。ただ、サプライチェーンを扱っている以上、Resilireはグローバルで戦っていかないといけません。グローバルの競合に伍する存在となって初めて、大成功への道が拓けてくると思います。現在進めているプロダクトのリアーキテクチャが終われば、グローバルでも戦える状態に大きく一歩近づくでしょう。

リアーキテクチャ後もロードマップを進化、実装し続け、顧客、そしてマーケットからの期待にしっかりと応え続けて行って欲しいと思います。そして、ロードマップに記された世界観を実現するためにも、これから良い仲間達を集めて行って欲しいと思っています。

そして、期待というのはある種の魔法のようなものではあって、期待には期限が付いています。期待を持っていただけている間に期待に応える成果を出し、また新たな魔法をかけて、新たな期待に応えていく。Resilireなら皆さんからの期待に応え続けて行けると期待しています。

余談ですが、津田さんに会った直後のアーキタイプベンチャーズの社内議論で、”Resilireを成功させられたら、俺はそれだけでこの仕事やって良かったと思える”と言っていたという記録が残っています。今でもそう思っています。 期待を見せる部分と実績を積み上げる部分を上手くマネージして、会社を大きく成長させていきたいと思います。本日はありがとうございました。

小澤 祐介さん / DNX Ventures

image
📖
プロフィール

東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻卒業後、三井物産プロジェクト本部にて中南米地域の水インフラの開発や現地事業会社の経営管理及び支援に従事した他、 北米の石油・ガスプロジェクト開発を担当。 その後、同社流通事業本部にてファッション分野の新規ブランド・プロジェクト立ち上げやスタートアップ投資を経験し、エネルギーソリューション本部に異動。 エネルギーソリューション本部ではクリーンテックや産業ソリューション分野の新規事業立ち上げやスタートアップ投資・買収に従事。 2021年9月にDNX Venturesに参画。

小澤さんは、現在DNX VenturesからResilireに出向いただいています。投資家視点で外から見た津田と出向メンバー視点で内から見た津田の両側面を知っている小澤さんに詳しくお話を聞いてきました。

インタビュー内容

本日はよろしくお願いします。今日は投資家としての小澤さんでお願いします笑 改めてですが、小澤さんとResilireの接点はどのタイミングですか?

小澤: 津田さんとお会いしたのは、2022年にSPROUND(前シェアオフィス)で開かれたカタン会でしたね。実は、その前にResilireの投資タイミングで資料作りに関わっていたこともあり、何かと縁があったのかもしれません。

その時の印象はどうでしたか?

小澤: 人見知りをしていて、全然喋らない人だなと思いました。なのであまり話していないんですよね。笑 あとは、他の起業家も参加される中で、一際若かったので、すごく若い起業家の方、という印象が強かったです。

津田は大勢の場が苦手ですもんね。笑 投資家としてResilireを担当することになってからの津田の印象はどうでしたか?

小澤: そうですね、他の起業家の方と比較しても傾聴力が高いと感じました。ただ傾聴するだけではなく、しっかりと取り入れる点が印象的です。投資家としては、情報提供のしがいがあると感じさせられました。

あと、ディスカッションのテンポが合うのも個人的にやりやすかったです。1投げたらちゃんと1投げ返してくれるので、良い議論を一緒にできていた感覚がありました。意外にこのテンポが合うのかは投資家と企業家の関係性として重要で、相性の良さを感じていました。

当時の津田に対する印象から変わったところはありますか?

小澤: 組織作りに対する解像度が格段に上がった印象がありますね。人が増えることだけではなく、人が辞めることも経験してきたことで、Resilireの創りたいカルチャーの言語化がより一層進んだように感じます。 また、サプライチャーンという事業領域に対する解像度も格段に上がっています。津田さんがこの領域に対する想いが強い分、実際にご導入いただいているクライアントとのやり取りを通じて、着実に深まっていっているように感じます。

この1年だけ見ても事業・組織の解像度が格段に上がったのは感じますね。逆に変わっていないところはありますか?

小澤: 津田さんは、 ヒラリマント という特技があるんですよ。笑 必要な情報と必要ない情報を分けていますね。今、必要としている情報に関しては、積極的に取り入れ、そうじゃないとうまく聞き流しています。笑 投資家の方にそれが伝わっているのが、面白いですね。笑

小澤: ただ投資家としては、実はその方がやりやすかったりもします。代表という立場上、やることが山ほどある中で、投資家の話を全て真正面から受け止めているとうまくいくものもうまくいかないと思います。良い意味で取捨選択できるのは経営者として重要な資質だと思うので、こちらも感じたことを気を使わず、素直に伝えられるので良いです。笑

たしかに側から見ていても投資家と津田の間に変な気遣いがなく、互いにリスペクトがある関係性は素敵な関係性だと感じていました。投資家目線で色々とお話をお伺いできましたが、出向してからの印象は変わりましたか?

小澤: より距離が近くなったことで、経営者としての迫力を感じることができましたね。自分よりも全員年長で様々な経験をしているベテランメンバーが多い中、なぜこの施策を今しなければならないのかといった、メンバーに対する経営としての納得感・腹落ち感の醸成は投資家時代には見えていませんでした。また、津田さんは通常社会人が職場での経験を経て持つであろう偏見・バイアスがなく、自分の考えも素直に相手に伝えられるので、誰にでもフェアなコミュニケーションを取れるという点が人を惹きつけるポイントなんだなと改めて思いました。

投資家視点では、どうしても見えるものが限られてしまいます。実際に顧客・プロダクトとどう向き合っているのか、他のメンバーとどう関わっているのかを身近で見れたことで、経営者としての津田さんを見ることができてよかったと思っています。     一方で、私自身出向して営業やプロダクト企画等、様々な業務に携わらせてもらっていることで、プロダクトや組織など、Resilireという会社・事業の解像度が格段に上がったので、今後Resilireが成長する中で津田さんが経営者として成長すべきポイントも理解が深まりました。

距離感が変わって見え方が変わるのは面白いですね。最後に津田に対する課題や今後に期待したいことを教えてください

小澤: 重要な意思決定を人に任せていけるようになれるかが、経営者としての器が試されるのではないかと感じています。現在は、組織も小さく、全てが見える状況なので、重要な意思決定には津田さんが関われている状況だと思います。これから組織が大きくなっていく中で、津田さんが全ての意思決定に関わることは難しくなる、かつある種のボトルネックにもなり得えます。組織の拡大に合わせて、しっかりと託していくことで、意思決定スピードを落とさずに成長することを期待しています。

組織もようやく10名を迎え、この一年で組織も拡大していくので、津田自身が託すことも重要ですし、今いるメンバーが託しやすい状況をどう作れるかが重要ですね。ありがとうございました。

井無田 ゆりかさん / DNX Ventures

image
📖
プロフィール

慶應義塾大学法学部を卒業後、2003年にJPモルガン証券株式会社入社。 日本およびNY本社にて、内部監査業務に従事した後、資産運用部門の経営戦略企画部マーケティング室へ異動となり、投資ファンドのマーケティング業務に従事。 2016年に株式会社ビザスクに参画し、執行役員としてサービス初期のPMFや事業開発、上場に向けたコンプライアンス統制構築、米国企業買収後のPMI担当など、幅広い業務に従事。2022年9月にDNX Venturesに参画。

Resilireとの出会いは最近ですが、組織や採用周りでよく相談に乗っていただいている方です。出会ってからの期間が短いからこそ、よりフラットな視点で津田を見られていると思うので、これまでと違った視点でお話を聞かせてもらいました。

インタビュー内容

本日はよろしくお願いします。井無田さんにはいつも採用や組織周りの相談に乗っていただき、ありがとうございます。井無田さんとは、2022年後半くらいから関わり始めてもらったと思うのですが、最初の津田の印象はどうでしたか?

井無田:津田さんとの出会いは、DNX Ventures主催の採用イベントで登壇者として話されているのを聞いたのが最初です。イベント内のテーマで「スタートアップに飛び込むリスク」について話されていましたが、津田さんは「僕には失うものがなかった」というお話をされていたのが印象的でした。社会人経験もなく、今までのバックグラウンドもよくわからなかったのもあり、製造業の領域で顧客とやっていけるのかな、という印象を持っていました。笑

たしかに他の登壇者の起業家とはバックグラウンドも違くて、異色でしたね。笑 実際に津田から組織や採用の相談をするようになってからの印象はどうでしたか?

井無田: 当時、すでにForbes Under 30に選ばれていましたが、年齢に対して落ち着きがあるように感じました。あとは傾聴力の高さが印象的でした。アドバイスをすぐに取り入れ、次に会ったときには「実際にやってみました!」と行動に移されていて。「いいですね」と言いながら、実際にやらない人も多いので。笑 ちゃんと叩けば、響く人だなと感じました。そこから私の中で津田さんへの信頼が積み重なっていきましたね。

なるほど。最初はResilireの担当ではない中で相談に乗っていただいていましたが、なぜ担当になっていただけたのですか?

井無田: 実は私からResilireも担当にさせてもらえないかと、申し入れしたんです。 それは嬉しい。なぜそう思っていただけたのでしょうか?

井無田: 重厚長大な産業と課題の大きさ、津田さんという異色な存在の組み合わせがきっと変化を生み出してくれるのではないかと感じたからです。 Resilireが解決しようと思っている課題は壮大で、誰かがやらなきゃいけないが、誰もやれていない領域だと思います。さらにはサプライチェーンのネットワークを活用して、サプライヤーを巻き込みながら広げていくことが必要となったときに、若い津田さんだからこそ、固定観念にとらわれずに、新しい視点で業界を変えてくれるのではないかと期待が持てました。

あとはシンプルにこの領域に対して興味があるというのもあります。 私自身が沖縄出身なので、台風などの自然災害による被害の大きさを経験していたことや、金融の監査部時代に震災を経験し、災害時にどれだけタイムリーに情報を収集し、迅速な意思決定をすることが重要かを知っているからこそResilireの必要性を感じました。

確かに、津田はこの領域において異色な存在ですね。そこが変えてくれるという期待につながっているのは面白いです。 井無田さんはこれまで多くの経営者の方とお会いしていると思いますが、津田が他の経営者にはないユニークな点、他の経営者と比べて津田に足りていない点を教えていただきたいです。

井無田: 津田さんの強みは、自らデザインができてプロダクトを作れる点です。UXを意識して、UIについて語れるCEOはなかなかいないです。 もちろんサプライチェーンを知っていればより良いのかもしれませんが、知っていればみんなが使いやすい良いものが作れるとも限りません。ここは津田さんならではの強みがあると思います。

逆に足りない部分は、若いのでたくさんあると思います笑 まだ津田さんの知らない大きなエンタープライズの世界があって、彼の総合力でも及ばない範囲で意思決定が求められることがあると思います。ただ、それはキャッチアップできるはずだと思っていて、そのインプットを誰からやるかが重要です。チームメンバーもその一つですが、そこだけで判断をすると若い意思決定になってしまう可能性がある。そのために、外からのインプットをどう取り入れていけるかも大事です。津田さんが、自身の意思決定高めらるような、最適なポートフォリオ(人脈)を作る必要があるんじゃないかなと思います。 私たちでは到底気付けないことがたくさんあると思いますし、誰を信じてどの声を取り入れるかは非常に重要ですね。 最後に津田に対する課題や今後に期待したいことを教えてください。

井無田: 津田さんに期待したいことは、大きく2つあります。 1つが有言実行力です。サプライチェーンという領域において、彼は明らかに異色な存在で、良くも悪くも目に留まりやすいと思います。そこをうまく形にして、有言実行にしていくことが信頼につながるはずです。顧客にとことん向き合って、着実に信頼を積み重ねていってほしいです。

もう1つは、津田さんのエモーショナルな部分をもっと見てみたい。Resilireは、サプライチェーンリスク管理とサプライチェーンネットワーク構築の二つの特徴があると思います。これは自然災害等で被災した方々と、意義のあるリレーションシップをつくるという視点ともいえます。 今は、ビジネスをわかりやすく表現するために、良いリレーションシップを作っていこう、という発信が良いのかもしれません。ただ創業のきっかけとなった、津田さんの被災体験から社会を変えたいと強く願うエモーショナルな部分も、もっと伝えていけると、世の中のResilireにかける期待がより熱いものになるのではないかと感じています。最終的にお客さんからみてResilireはどう見られたいのかという視点で考えてみても面白いのかもしれないですね。

私たち自身が、最終的に何を目指していきたいのか、それをどう伝えていくのか、をしっかり向き合って考えていきたいと思います。本日はありがとうございました。

今回、4名の方にインタビューさせていただきましたが、私も知らないエピソードや新しい視点で津田を知ることができて、とても新鮮でした。このコンテンツを通して、少しでも津田という人間がどんな人か伝われば幸いです。

投資家の皆様、ご協力いただき、ありがとうございました!